会長挨拶

平成29年度 新会長挨拶

市立会館武蔵野運営協議会の活動目標は、その一つが、公設民営の市立武蔵野会館のこれまで培ってきた利用者本位の運営と利用率の高さを継続し、地域の皆さんとって愛される市立会館を目指すことです。

もう一つは、コミニティ協議会としての活動です。新しいコミュニティ組織を作ることを目的に市が働きかけ、それを受け止めた地域の皆さんが、お互いに協働して、設立したのが、コミュニティ協議会であり、市内に3団体が現在活動をしています。

市立武蔵野会館運営協議会の活動の目標は、地域の共通する諸課題を解決するため、地域の皆様のご理解とご協力をいただきながら、智慧とお力をお借りし、“住み続けたい地域”・“子供たちにとって故郷(ふるさと)と呼べる地域”づくりをめざしております。

そのための具体的な活動組織として、「安全まちづくり委員会」・「美しい街づくり委員会」・「心と躰の健康づくり委員会」・「防災委員会」の4つの委員会を組織し、役員はじめ会員(運営協議会を構成する団体の代表)皆様とともにチームワークをもって団結一致協力し、大きな目標の実現に努めたいと考えております。

市立武蔵野会館運営協議会 第5代会長 村木 勉

平成29年度役員名簿

 

平成28年度運営にあたって

 武蔵野会館運営協議会は設立11年目となり、今年は、次の10年を目指して歩み出す新しい年となります。
これまで培ってきた武蔵野会館の①利用者本位の運営②地域課題解決のために地域の皆様のご理解とご協力をいただきながら進めてきた各委員会の活動③新しい地域コミュニティの醸成と充実を役員一同一致協力して協議会の推進育成に努めてまいる決意であります。
どうかこれからもみなさまの智慧とお力をお貸しいただけますようお願い申し上げます。平成28年5月吉日

市立武蔵野会館運営協議会
会長 藤原国広

平成28年度役員名簿

DSC_0038a新会長としての課題

長年にわたり武蔵野会館運営協議会会長を務められた座間さんに代わり、このたび会長の職をお引き受けすることになりました。
座間前会長には、協議会のためにお力を注いでいただき、心から感謝申し上げる次第ですが、引き続き顧問としてご指導いただけることになり、この上なく心強く感じます。
早いもので、今年は、武蔵野会館運営協議会設立10周年を迎えます。
この間、毎年11月3日に開催される「会館まつり」は、地域に定着し、「安全まちづくり委員会」、「美しいまちづくり委員会」、「心と体の健康委員会」に加え、4年前から「防災委員会」を発足させ、各委員会で自主的、積極的な活動を行ってきました。
また、広報紙「あいスポットプレス」は読む広報紙から写真を挿入するなど見る広報紙へと変換してきました。
今後も、これまでの活動を継続して、地域の安心・安全に貢献するとともに、「愛される武蔵野会館」を目指して皆様と共に取り組みたいと思いますのでご協力いただきますようお願い申し上げます。
平成27年6月10日

市立武蔵野会館運営協議会 会長 藤原国広

 

ホームページ開設にあたって

平成24年11月3日には運営協議会の構成団体や会館の利用団体そして地域住民が交流する「第7回市立武蔵野会館まつり」が行なわれ、7年を経過いたしました。この間地域の共通課題解決のために専門委員会を立ち上げ取り組んでまいりましたが、昨年からは残された大きな課題「防災」の委員会をつくり自治連第15ブロックと連携して、9月、11月の2回にわたり地域合同防災訓練を実施したところです。

昨年の東日本大震災等を経験して、自助・共助の重要性が指摘され、特に共助については地域力を如何に高めるかが大きな問題となっています。そうしたなかで市立武蔵野会館運営協議会は地域の公的団体(自治会、子ども会、老人会等)や商・工団体と連携し、かつ地域住民を包含しての地域力アップに努めるべく更に活動してまいりますので、何卒ご理解とご協力をお願い申し上げます。

ホームページ開設にあたりご挨拶申し上げますとともに、今後新しい行事や活動を随時掲載させて頂きますので親しくご覧くださいますよう重ねてお願い申し上げます。

平成24年11月

市立武蔵野会館運営協議会

会長  座間康臣

コメントは受け付けていません。