6/20 昭島市の総務部防災課との協議会を実施しました

平成24年6月20日(水)17時、昭島市役所3階301会議室にて、昭島市総務部防災課との協議会を、総務部防災課から小松課長、山田主幹、川又係長、自治連から三役と防災委員会委員2名の10名で協議しました。主な内容を報告いたします。

◆近隣小中学校・災害対策用避難所合鍵について
・合鍵の管理者の方の決め方の手順や、任務内容のこと
・避難所ごとの担当者(市職員2名)のこと
・避難所合鍵が自治会の代表に貸与された経過のこと
・セキュリイティ上の問題と、正門・体育館・簡易備蓄倉庫の鍵を貸与していること
・鍵管理者の交代について

◆2  自主防災組織について
・自主防災組織の役員名簿提出と現状
・自主防災組織活性化に連携を取りあうこと
・自主防災組織の震災時活動マニュアル作成の支援

◆3 避難所マニュアルについて
・避難所運営についての今後の避難所別協議会設置のこと
・市の作った避難所マニュアル活用についての協議の進めかた

◆4 防災計画について
・市の見直し計画の今後の予定について
・立川断層を想定して見直しをしていること

◆その他の協議事項
○災害時要援護者の名簿、見守り・防災隣組、個人情報のこと
○消防団の事務局が防災課で昭島市に4つの分団があるが、エリアが判りづらいこと
○避難所の小学校区域で自治会単位の避難場所の意識が自治会役員にはあること
○暖房設備やパーテーション等の避難所備品のレベルアップが必要ではないか
○各自治会の防災倉庫は自助・近助・共助の視点から、防災倉庫を近隣の公園等に設置を希望していること
以上

コメントは受け付けていません。