平成24年TOKYO交通安全キャンペーン

東京都で、警視庁、区市町村をはじめとする関係機関及び団体と連携し、春、秋に続く第三の交通安全運動と位置付け、年末期に多発する交通事故及び渋滞を防止することを目的に「平成24年TOKYO交通安全キャンペーン」を実施されます。
【実施期間】
平成24年12月1日(土曜日)から12月7日(金曜日)までの7日間

【キャンペーン重点】
重点1 子どもと高齢者の交通事故防止
重点2 自転車の安全利用の推進
重点3 飲酒運転の根絶
重点4 二輪車の交通事故防止
重点5 違法駐車対策の推進
【取組内容】
〇 街頭での広報啓発活動
 関係機関等と連携し、巣鴨地蔵通り(12月3日午前10時30分~)などにおいて、高齢者等の交通事故防止を訴える広報啓発活動を実施します。
〇 電車内映像広告等を活用した広報啓発
 自転車の安全利用に関する映像を、山手線や中央線、有楽町線などの電車モニターや、新宿駅前、新橋駅前など、計6か所の大型ビジョンで放映し、自転車の安全利用を訴えます。
〇 金メダリスト松本薫選手を起用したポスターの掲示
 区市町村施設、地域の掲示板、集会場、学校のほか、体育施設等にポスターを掲示します。
〇 リーフレットの活用
 キャンペーンの5つの重点ごとに、都民の一人ひとりに実践してもらいたい取組について記載されたリーフレットを区市町村、関係機関等を通じて配布します。

コメントは受け付けていません。