12/7 平成24年度自治会長懇談会の実施

平成24年度自治会長懇談会が、12月7日(金)18時30分から、昭島市民交流センター3階会議室で実施されました。
自治連役員、ブロック長、自治会長の84名と、昭島市から北川市長、佐藤副市長、新藤副市長、木戸教育長、市民部長、昭島市社会福祉協議会の伊藤会長、日下事務長の皆様も参加いただきました。
懇談会は、嶽山副会長の司会で始まり、小野自治連会長から多くの皆さんが集っていただいたことに感謝のお礼の後『自治連として防災の取組みで防災パンフレット、自治会運営ハンドブックの改定版等、皆様にお渡ししました。加入促進にも活用いただきたい』との挨拶がありました。
  次に、北川市長から10/21から再選のスタートを切ったとの報告があり『11/12の地域懇談会での意見交換は実のあるものであった。市も震災対策を含め、今後とも安全安心に取り組んでいきます。自治連、自治会のリーダーの皆様には防災・減災、防犯等に尽力をいただいている。自助・共助・公助のそれぞれの役割を連携を取りながらバランスよく協働し、自治連の皆さんと共に元気都市昭島のまちづくりを目指しましょう。』との挨拶がありました。

引き続き、伊藤昭島社会福祉協議会会長より、1年間の募金活動の協力に対してお礼があり『市と“防災時のボランティア活動”の契約を行い、3月防災ボランティアセンターの立ち上げ訓練を実施しました。来年2月28日(木)には、東日本大震災の際、現地で活動された日本赤十字の方をお呼びして講演会を開催し、3月9日(土)に2回目の災害ボランティアセンターの立ち上げの訓練を実施したい。自治連並びに自治会長の皆様にも是非とも参加いただきたい』との挨拶がありました。

次に自治会連合会の飯島顧問の乾杯の音頭で、懇談会に入りました。

参加者と北川市長をはじめ来賓の皆様との話の輪が広がっていました。また、参加者の自治会長同士でも各種の活動について懇談がなされました。

最後に、宮田副会長の閉会のあいさつで、20時半過ぎに終了しました。

コメントは受け付けていません。