立川基地跡地昭島地区の開発現場の不発弾の対応について

不発弾の対応について、第3報が下記の内容で、昭島市が発表しましたのでお知らせいたします。

平成26年4月8日(火)に立川基地跡地昭島地区の開発現場において発見された不発弾については、第2報で不発弾処理における安全の確保を図るため、不発弾周囲2.5mの範囲において地中探査を実施するとお知らせしたところです。昨日、次のとおり探査結果がでましたので、お知らせいたします。

1 地中探査日等
(1)探査日   平成26年5月13日
(2)探査実施事業者     アイサワ工業株式会社
陸上自衛隊東部方面後方支援隊が支援

2 探査結果
探査を実施した範囲には、危険物は認められない。

以上の結果となりましたことから、平成26年5月29日(木)に不発弾処理を実施します。
当該処理に当たりましては、土のうによる防護壁(1t土のう約370袋で不発弾を覆う。)を設置することにより、警戒区域を半径130mに縮小することができるため周辺住民の避難が不要となることや、JR及びバスの運行にも支障がありません。
fuhatudan
ただし、公道規制を実施するとともに、国営昭和記念公園の昭島口は終日閉鎖となります。(右図参照)
また、市民説明会(5月18日10時から昭和中学校体育館(昭島市東町二丁目6番22号))及び第2回不発弾対策協議会(5月22日14時から)につきましても、第2報でお知らせしたとおり開催いたします。
なお、不発弾処理当日のスケジュールにつきましては、詳細が決定次第、お知らせします。

◎問い合わせ先  昭島市防災課 担当 小松・菅野
TEL 042-544-5111内線2181・2184

コメントは受け付けていません。