【防災情報】11/25防災行政無線を用いた伝達訓練が実施されます

bosaimusen_c2平成271125日(水)11ごろ、市内の防災行政無線を用いた伝達訓練実施されます。
地震・津波や武力攻撃などの災害時に、全国瞬時警報システム(J-ALERT)から送られてくる国からの緊急情報を、防災行政無線を用いて確実に市民の皆様へお伝えするため、情報伝達訓練です。
当日実施する試験放送は防災行政無線による放送となります。この試験放送では、市内に設置してある防災行政無線から、次の放送内容が一斉に放送されます。
自治会員の皆様も、関心をもっとこの時間に、どの程度自宅でイザの時の放送が聞こえるか確認しください。

【放送時間】1100
【放送内容】
「開始のチャイム」
「これは、テストです。」を3回繰り返し

「こちらは、防災昭島です。」「終了のチャイム」

この伝達訓練は、昭島市以外の地域でも、全国的に様々な情報伝達手段で試験が実施されます。災害時に国からの緊急情報を瞬時に伝達する「全国瞬時警報システム(Jアラート)」が正確に作動するかを確認するため、市内に設置している防災行政無線を使い、全国一斉情報伝達訓練の放送を実施です。

現在、自治会連合会としてもこの防災無線が聞こえないエリアや、ハレーション等で聞きづらい等あることを昭島市にも伝え、改善をお願いしています。musenn
※全国瞬時警報システム(Jアラート)とは、弾道ミサイル情報、津波情報、緊急地震速報など時間的余裕がない事態の情報を住民の皆様に、人工衛星を用いて国から送信し、市町村防災行政無線等を自動起動させ、緊急情報を瞬時に伝達するシステムです。

 

コメントは受け付けていません。