山村武彦氏の”糸魚川大火現地調査”を紹介

12月27日、防災アドバイザーの山村武彦氏から、糸魚川の大火現地調査写真レポートの連絡を頂戴しました。
<山村武彦氏からの提案>
スマート防災のすすめ
・火を消す訓練と共に「火を出さない準備と訓練」
・災害後対処訓練と共に「災害予防訓練」の重要性
・逃げる・守る防災だけでなく「安全な場所に住む(する)防災」

年末年始、お互い火事に注意しましょう!
今日から年末、多くの自治会が夜間に防火防犯パトロールを実施します。
役員の皆様寒い中ですがよろしくお願いいたします。


強風が吹き続け、延焼する糸魚川駅北地区(22日14時頃)
火災発生:2016年12月22日午前10時20分頃
焼失面積:約4万㎡
出火原因:ラーメン店・鍋の空焚き
被害建物:144棟(うち8割が全焼)
負傷者:11人(軽症10人・中等症1人)うち消防団員9人
負傷者の多くは煙を吸い込んだもので、眼やのどの痛みを訴えた
犠牲者:ゼロ

コメントは受け付けていません。