加油!台湾/台湾花蓮地震・現地調査レポート(山村武彦氏より)

2月6日23時50分(日本時間7日0時50分)に台湾東部で発生したM6.4の地震によって、死者16人、負傷者280人以上という大きな被害が出ました。
防災アドバイザーの山村武彦氏から、現地調査レポート(速報)の連絡が有りましたので紹介いたします。山村氏は10日越谷市自治会連合会で防災の講演の翌日から台湾に向われての調査でした。越谷市での講演「災害時、個人の備えと地域の対応」の際の話の中で、①災害はまだ先と思っている人は真剣に対策できない→明日と思えば必死となる!
②悲観的に準備すれば、楽観的に生活できる!③防災ごっこを排し、命を守る事を最優先する『状況別に命を守る訓練/火を出さない訓練/閉じ込められない訓練/在宅避難生活訓練』の重要性をお聞きし、目からうろこが取れる思いでした。

今回のレポートの最後に、山村氏は「今回の地震規模は比較的小さく、一部被害は激しいものの全体としては局所的。しかし、花蓮で大地震と伝えられたため、風評被害によりホテルなどのキャンセルが続出。 友人は台北からの高速電車がガラガラだったと嘆く今、応援するのであれば、風光明媚で食べ物が安くてうまい花蓮や台湾に観光に行く事ではなかろうか!」と締めくくっています。    加油!台湾

コメントは受け付けていません。