10/27 「想定首都直下地震の危機対応学」講演会に出席

昭島市警察歯科医師会設立20周年記念講演会が昭和館で10月27日開催され、専修大学ネットワーク情報学部佐藤慶一准教授講師による「想定首都直下地震の危機対応学」~自助と共助を再考する~、自治連役員で参加し学んできました。
内容は、東日本大震災後の岩手県釜石市における関係者への聞き取り調査、2017年3月NHKスペシャルで放映された首都直下地震後の避難先や仮設住宅の不足などについて紹介し、直接被害の苦しみ、排除のない防災、災害関連死など間接被害への目配りについて講演でした。

コメントは受け付けていません。